法源寺農園部、収穫!

3月中旬に植えたジャガイモが順調に育ち、あっという間に収穫を迎えました。仏様のお守りのおかげでしょうか、予想よりも早い収穫です。

初めての野菜作り、初めての収穫でどれだけできるか不安でしたが、掘ってびっくり、大量に収穫することができました。自然の力は偉大ですね。

同じ時期に植えたジャガイモですが、形や大きさはそれぞれ。手のひらぐらい大きくなっているものもあれば、ビー玉より少し大きいくらいのものまで。人間と同じですね。同じ環境で育っても、育ち方は人それぞれ。でも、実際育ててみると、大きくても小さくても、まん丸でもいびつでも、すべてが愛おしいものです。人もそれぞれですが、分け隔てなく同じように慈愛をもって接したいと感じた次第です。

さて、収穫後は、近所の人や、ご法事のあったお檀家さんにもおすそ分けし、皆様に喜んでいただきました。手伝ってくれた若者たちも、ジャガイモを手渡した人たちからの「ありがとうね」「上手にできたね」というお声掛けに、顔がほころびます。

法源寺農園部は、荒れ地だった飛び地境内の草刈りから始まりましたが、現在では彼らの助けが当山にとって大変ありがたいものになっています。

不登校やひきこもりなど、社会にうまくなじめず生きづらさ抱えている子もいるかもしれませんが、ともにゆっくり歩き、社会とのつながりを再び紡ぎなおす手助けができたら、とても素敵なことだと思います。

今後とも法源寺農園部をよろしくお願いします。